記事一覧

CR真・北斗無双【1/319】 ボーダー・攻略

サミー パチンコ北斗無双
V-STタイプ 1/319スペック
2016年3月7日導入

他スペック
真・北斗無双(1/219)

真・北斗無双(1/95)


等価ボーダーライン 17.0回転/250個

トータル確率  1/151.2(16R)
電サポ込み出玉 16R2220個

電サポ終了直後の残り電チュー保留は、電サポ扱いとする


推奨ライン(4円貸し)

4.0円交換 千円19.0回転以上
3.5円交換 千円20.5回転以上
3.3円交換 千円21.0回転以上
3.0円交換 千円21.5回転以上
2.5円交換 千円23.5回転以上



上級者向け(4円貸し)
持ち玉時給2000円超えライン

4.0円交換 千円21.5回転以上
3.5円交換 千円22.0回転以上
3.3円交換 千円22.5回転以上
3.0円交換 千円23.0回転以上

※パチマガツールじっきゅうさん使用
(電サポ込み16R2320個)





攻略ポイント


①電サポ中は打ち出しを止めない


これには2つ理由があります。1つは電サポ消化スピードを上げるため。

電サポ中は基本玉が減っていくので、電サポ滞在時間はなるべく短くした方が良い。

電チュー保留が少なくなると余計なリーチや演出が出るので、電チュー保留はなるべく満タンにしとくべきです。

もう1つはヘソ保留を消化させないため。

今の台は電チュー保留有利にできてるので、わざわざ残ったヘソ保留を消化させてしまうのはもったいないです。

なるべく最初の1回転だけに収めるようにすべき。これは、ヘソ電チュー共通の台でも同じで、ヘソ保留はなるべく持ち越すべきである。



②電サポ中に演出発生で打ち出し止める

これはスルー釘が広くてすぐに通る、北斗無双や北斗6慈母で使える小技。

演出発生したら一旦打ち出しを止めて、ハズレを確認してから打ち出す。

この時大事なのは、必ず電チュー保留を満タンにしてから止める事。そうしないと、ヘソ保留を消化してしまったり、電サポ消化スピードを落とす原因になってしまう。

なお、この演出止めの打ち方は、スルーの辛い他の機種でやると逆に玉を減らす原因になるのでおススメしない。当たり確定の演出が出ればもちろん、すぐに打ち出しを止めるべきです。



③ラウンド間止め打ち

北斗無双の場合はほとんど打ちっぱで良いが、3R→4Rの間と4R→5Rの間だけ若干のインターバルがある。

3Rと4Rの時にアタッカー入賞をカウントして、8個目が入ったら一旦止め、10個目が入ってアタッカーが閉じたら打ち出し再開。

※初回6R通常時は特に3R→4R間のインターバルが長いので、3秒ほど止める



④電サポ終了直後もギリギリまで電チューを狙う

北斗無双のようなV-STタイプは特に電チュー保留の価値が高いので、多少の無駄玉を使ってもギリギリまで狙うべきです。

北斗無双は電チュー5回or6回開放なので、電サポ終了画面が出たら一旦打ち出しを止め、通常に戻ってからも電チュー開放が残ってる分をギリギリまで狙う。

この時に何回残しかよく分からなかったら、とにかく電チューが開いてる間はギリギリまで打つべし。これは、通常確率なのでほとんど当たらないし、目に見える効果はほとんど無いが、積み重ねれば長い目で見た効果は大きい。



⑤アタッカーパカパカ狙い

北斗無双のアタッカーはかなり効果が高い。初当たり時にラウンドランプを確認する→この時14Rランプ点灯なら、6R終了後に8回ショート開放(パカパカ)、12Rランプ点灯なら6回ショート開放するのでそこを狙う。

手順→6R終了後もそのまま打ち続け、8回開放なら6回目で打ちだし止め、6回開放なら4回目で打ちだし止め。

上手くいけば、100個近い上乗せをすることもあります。




広告



ブログランキング参加中です
にほんブログ村 スロットブログへ


パチ&スロ必勝本

初心者でも安心のサポート付き!中古パチスロ・パチンコ販売【ホームスロット】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とら

Author:とら
カフェオレ、甘いもの、ムチムチした小柄な女性などを好む独身の♂

パチンコもパチスロも北斗系の台が好き

好きなマンガ 黒子のバスケ、闇金ウシジマくん

好きなゲームはドラクエなどのRPG系や三國志などのシミュレーション系

ブログランキング参加中


広告

最新コメント